静岡 片付け
整理収納の様子よくある質問サービス料金整理収納アドバイザー講座プロフィールお問い合わせ
ホーム > 片付けコラム > 片付けコラム7

整理収納 お問い合わせ 

整理収納 コラム

出張講座

スタッフ募集

整理ing

staff コラム 「片付け下手が始めた整理収納F」

12月のコラム。今年も残り少なくなりました。

お正月を控えて、家電品の買い替えを検討される方も多いと思いますが、
皆さんのお宅では家電品の空き箱をどうされていますか?

私は常に使っているものに関しては、ドンドン箱を潰していましたが、季節商品で時期が終れば片付ける物、例えば扇風機などは空き箱をとっておきました。
その方が片付ける時に整頓できると思っていましたが、よく考えるといつも扇風機とストーブの箱が階段下の物入れの中に入っています。

しかも、片方は空・・・元々広くない場所に、空き箱以外にも工具や防災用品、日用品のストックなどを収納してあったので、入れ替えのときには全ての物を出さなくてはならず、正直面倒だな・・・と思っていました。

そこで箱は処分することに・・・当たり前のことですが物入れにゆとりができ、出し入れも楽になりました。

しまうときの為に空き箱を取っておく・・・これは思い込みに過ぎなかったのですね。

 

思い込みで部屋が片付かない理由に・・

この思い込みが、 せっかくの収納場所をふさいで、
部屋が片付かない原因になっていた悪い見本が、私の実家にありました。

コラム4で、実家の衣装ケースを片付けたら、以前、父が使ったボーリングの球が出てきた話を書きましたが、今月やっと不燃ごみの回収をお願いすることになり、父と外へ運んでいたら、もう一つあると言い出し・・。

しまってある場所に見に行ったら、
なんと・・・ドアを開けた瞬間目に飛び込んできたのは、家電品の空き箱の山でした。

実家には、家の裏に作りつけの物置があります。
幅は1mくらいですが、奥行きが深くかなりの収納量があります。
そこに入っていた物を一つ一つ見ていったら、数年前に買ったファンヒーターの箱を始め、段ボール箱がいくつあったでしょうか?

ようやく、中に入って奥のものを整理できそうですが、入り口がずっとふさがれていたのですから、多分奥のものも処分する事になりそうです。

※手前のものだけでこれだけありました。↓

整理収納 ダンボール

 

歳をとってから億劫になる整理収納

ダンボール 整理収納若いときは、季節が終れば箱にしまって物置に入れるという生活ができたのでしょうが、年をとってからはそれも億劫になります。

だから、夏の間もファンヒーターは部屋の隅に置いてありますし、他の季節品もいつも部屋の中に置いてあり雑然としています。

物置にはしまわないのに、箱をとっておくという思い込みだけはずっと残ってしまったのでしょう。

常に使っている食器乾燥機やワープロの箱、いただき物の段ボール、奥には何時のものか分からない箱などもありました。

また、ここに何を入れてあったか忘れてしまい、すでに処分した物の箱だけが残っていたのもありました。
奥の方も整理したら、この物置は殆んど空になると思います。
そうしたら、もう何も入れないように閉めてしまうつもりです。

空き箱に収納場所を奪われて、部屋が片付かない・・・

本末転倒ですが、私の父のように記憶力の衰えが進んでいるときは、見えない場所に入れると忘れてしまうので、かなりの収納力があっても使えません。

部屋の中に邪魔にならない置き場所を確保しておく配慮が必要だと思います。

その為にも不要なものを整理して、安全な室内にしなくてはと思います。

いただき物のタオルやシーツ、来客が減ったのにたくさんある布団、着ない衣類、百科事典、母の遺品・・・

まだまだ実家の片付けは続きます。

よくある質問 よくある質問

お問い合わせ

サービス提供地域は静岡県静岡市です。焼津市・藤枝市・他周辺地域の方はご相談に応じます。

 

コラム執筆者
  整理ing静岡オフィスstaff 整理収納アドバイザー REIKO

コラム一覧

コラム1「片付け下手が始めた整理収納コラム@」
線
コラム2「片付け下手が始めた整理収納コラムA」
線
コラム3「片付け下手が始めた整理収納コラムB」
線
コラム4「片付け下手が始めた整理収納コラムC」
線
コラム5「片付け下手が始めた整理収納コラムD」
線
コラム6「片付け下手が始めた整理収納コラムE」

線

コラム7「片付け下手が始めた整理収納コラムF」

線
コラム8「片付け下手が始めた整理収納コラムG」
線

コラム9「片付け下手が始めた整理収納コラムH」

線

コラム10「片付け下手が始めた整理収納コラムI」

線

トップへ